nokturny op.37

なんてない日常のこと 誰かに話したいけど話す相手もいないから書いて消化

亀です

f:id:nokturny:20190810220808j:plain

毎日母親が残飯を与えてたら
仲良くなったみたいで
川へ行くと亀たちが
わらわら寄ってくる

亀って人の顔を認識できる?
私が行っても寄ってくるんだけど
母親と似てるからかな

f:id:nokturny:20190810221110j:plain

なんかくれ~
って言ってぽい

めっちゃこっち見てくる


f:id:nokturny:20190810221201j:plain

よじ登ってきそう

朝顔と謎の生物の遺骨と

はじめての朝顔
f:id:nokturny:20190801235931j:image

かわいい

 

けったいな花しか咲かない花壇に

やっとかわいいの咲いた

 

 

そしてこれ

f:id:nokturny:20190802000046j:image

亀にパンあげに川へ行ったら

謎の生物の後遺骨があって


f:id:nokturny:20190802000139j:image

長細いから

どじょう?

なまず

ヒレっぽいのあるから蛇ではないよね

まわりに骨の部品みたいなのも散らばってた

 

亀たちはめっちゃパン欲しさに

わらわら寄ってきてかわいかった

 

毎日暑いですね、、、

30℃が涼しく感じるくらい

暑さになれつつある

 

 

 

 

エンパスという言葉を知ってなんでも名前があると安心できるのかも。

新聞で見かけて気になってたんだけど

HSPとエンパスって言葉

感受性が強くて繊細で敏感な人のこと

もっといろいろ

詳しく調べるとあるみたいだけど

どっちにもけっこうあてはまる

 

今日ネットで検索して

いろんな書いてること読んでみたけど

スピリチュアル~な感じの多さに

ちょっと抵抗感じつつ

 

刺激に弱いのはyesで

雨が激しく降ってる音も

風の強い音

雷なんかもかなり苦手で

眠れなくなる

 

明るさも苦手

太陽の明るいのは好きだけど

電気のめっちゃ明るいの苦手

 

共感する能力が高いってのは

自分ではよくわかってなかったけど

昔からよくヒトの相談にのること多くて

なんでわかるの?ってよく言われる

けど

普通に想ったこと言ってるだけで

なんか見えるとかそんなんじゃない

人の気持ちなんて絶対本人にしかわかんないと思う

ただの想像でしかないんだけど

 

自分の中が他人でいっぱいになる

っていう感覚はあった

昔の日記に書いてた

 

人混み苦手

(ライブだとなぜか大丈夫)

 

ずっと人の話し声が聞こえるの苦手

テレビをつけっぱなして何かするとか無理

 

ヒステリックな人苦手

苦手と言うか完全に無理

 

うさんくさい人苦手

 

心身ともに自分を元気にする方法が

誰もいない家で1人で過ごすこと

だったり

自然の中を歩くことだったり

とにかく疲れた時、弱ってる時は

完全に1人でいたい

だからきっと

孤独死でしょうね

 

寝る前はかならず本を読む

頭の中を本の世界で満たして眠る

 

twitterは読んでるだけで疲れる

けど読んでしまう

承認欲求の渦巻く世界

あれは独り言なん?看板なん?

 

神社やお寺が好き

 

ずっと

悪意のない世界で暮らしたいと思ってる

 

 

で、

あてはまること多いなーって思ったのと

けっこうたくさん情報があったから

けっこうそういう人いるんだなと

安心しました

少数派なんだろうけど

1人ではないし

当たり前と思ってたことが

当たり前じゃなかったり

いろんな人がいるからね

 

だからどうすれば

というところまでは何を読んでもわからんかった

 

自分の好きなこと

リラックスできること

パワーアップできること

がわかっていれば

きっと大丈夫

 

明日も家族に出かけてもらって

ひとりで家の掃除なんかをして過ごしたい

 

ストレスにほんっと弱いよね…

強くなりたいけど

ならない

私は自分を守るために

よくないものから逃げる

 

このところ眠る前胃が痛くて

朝も寝起きが辛い

みぞおちあたりがね

 

毎年夏になると体調悪い

暑さより

エアコンの冷えや

温度差に

自律神経やられまくっている

 

 

 

 

 

 

 

 

なに人だからどうっていうのあんまり好きではない

 

ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか
 

読んだ

 

この本、人気らしいです

 

わたしはあんまり…

今更な感じがして…

 

フランス人が、

とか

日本人が、

ってくくりあんまり好きではない

 

多数決でそうなんだろうけど。

 

わたし

ドイツ人よりなのかしら

服もあんまり持ってないから

フランス人よりかもしれない

 

日本の中の少数派ってとこかしら

 

 

多数決ってね、

そういう人の数が多いってだけでさ

なんだか

数が多いグループの方がえらい、

みたいな感じ出してくるのは嫌だね

 

多様性 多様性ってよく聞くけど

やっぱ

少数派って

肩身が狭く感じる場面もあったり

 

ただ

いろんな人がいる

そんな人もいるよね

って

そっとしておいてくれればいいのにね

 

話はそれたけど

 

自然が好き

何の予定もないのんびりする休日が好き

外食はほとんどしない

旅行はくつろぐための旅がいい

 

 

前にインドの友達に

インド人はこういう場合どうする?

みたいな質問したら、

それはインド人関係なく

個人によりますね

って言ってた

 

なんでもそうだと思う

 

 

いろんな人の投げやり感をどうにかできればいいのに

最近のニュースを見ていて

 

投げやりな感じがする事件

 

突然まわりにいる人を刺すとか

交番を襲撃するとか

放火するとか

 

どうしてそうなってしまうのか

なんでそっちにパワー使っちゃうかなー

って思う

 

事件を起こす準備や実行するのって

すごくエネルギーが要ること

脳ミソもフル稼働だろうな

 

その

ものすごいパワーを

自分のために

そんな考える能力、行動力があるなら

もっと自分にとって良いことのために

使えたはずなのにな

 

 

事件に触発されて

また

ひとりぼっちで

うまくいかない

もんもんとしている

同じような人が

自分を投げ出して

爆弾にならないことを願う

 

その考える力を

動ける力を

どうか

自分自身のために使って下さい

もしくわ

必要としている人や

見ず知らずの誰かの助けをしてみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花火と読書と


f:id:nokturny:20190718141125j:image

三連休

花火を見てきた

 

雨降ってたけど

涼しくて

人も少なくてよかった

 

毎日

どんよりした空

じめじめ蒸し暑い

気持ちもどんよりする

 

 

そんな気分の中読み終えた一冊

むらさきのスカートの女

むらさきのスカートの女

 

また今村夏子さんワールドにどっぷりと浸る

 

どの登場人物も個性的で

身近に感じられて

どこにでもいそうな

ギリギリセーフのようなアウトのような

普通にどこにでもいるよな人たち

 

語り手の素性がものすごく気になった

ちらちらっと描かれている

回りの人からの語り手への言葉などから

想像を楽しんだ

おもしろい1冊